So-net無料ブログ作成
検索選択

新春乙女ゲーム雑記3 [乙女ゲーム]

続きますよ、乙女ゲーム雑記!
積ゲ崩れてますからねっ!www
てか、だったら間あけずにとっとと書け、ですね(^^;
だって物吉育てないとなんですもの(*/∇\*)
(今はとうらぶのメンテ時間なので書けるらしいwww)


さて、先に確認。
私、プレイした乙女ゲームの主人公の女の子で、
拒絶したい子は、たったひとりだけです。
百華夜光の、出雲。
このこのせいじゃない!シナリオのせいですがw
イヤなことから自分だけ逃げ出すための自己中物語でしたもので!
(あくまで私の読解能力で)


それ以外はみんな、女の子としては嫌いではないのですが、
作品の主人公の「立ち位置」として、受け入れられない子たちがいます。

十鬼の絆 雪奈
L.G.S  ヨウセン
白華の檻 詞紀
コドリア カルディア
ニルアド ツグミ
カラマリ 市香

どうでしょう。
みんな凛と美しく、
次々押し寄せる各種障害に悩みながらも毅然と立ち向かう、
良い子たちですよね。
女の子としては好きですよ!
でも、ダメなんだw

このこたちにはみんな等しく「正義属性」がつけられている!www

基本的に正しいのは主人公(サイド)で、ぶれない。
それに対して「外側から」押し寄せてくる困難、または悪に、
彼女たちがどう戦い、乗り越えていくか、って作りになってるのが、
どうも私は苦手らしいです。


では好きな主人公は誰か。
好きな順にいきますよw

SYKの玄奘。
ぶつぶつあーでもないこーでもないと考え悩む、
その悩み方が私自身とほぼぴったりシンクロ。

CZの撫子。
このこも悩み考えてこじらせてったりするのが良いw

ワンドのルル。
こいつにだけは勝てない!と脱帽ww
ほんわかおっとり可愛い系に見せといて、
考えて考えて、そして愛して、あのバロはじめ落ちそうにない面々を陥落させた、
このこの内面には、太刀打ちできません。

以上の三人は、よく考えることで好きですが、
以下三人は自我がないことで好きです。

薄桜鬼 千鶴
アニメだと別かもですが、ゲームでは語り手も兼ねる彼女は、
実はたいして個性的なことは言ってないw
誰でも思うことを代弁してくれてる気がします。
そこがいい!

アムネ 主人公ちゃん
記憶のないときの彼女がとても好きです。
空気のようで邪魔にならない。

OZMAFIA フウカ
このこも記憶がなく、自我もほとんど感じない。


どういうことだ?
・・・と考えていくと、どうやら、私は主人公と同時並立で、
物語の中に自分が入ってく読み方するみたいなんですよね・・・
主人公になりきったり、物語を俯瞰で見るのではなくて。

その時に「正義属性」がついてる主人公だと、
正しい自分対、外からくる悪、という構図になる。
キャラたちも当然、悪をどうするか、ってスタンスで寄ってくる。
正という概念、
これが私にはアレルギーみたいです(^^;

ごちゃごちゃ良く考える主人公三人のシナリオは、
基本的に自分あるいは自分たちの内面の問題クリアがテーマになってます。
外から与えられた困難はそのための踏台で、目的ではない。
当然、正も悪もありません。
(主人公が自分で判断する、ってのはありです)

自我のない三人のほうは、
単純に、私が主人公と並立で入り込みやすいので好きですw


ずーっと考えていたことだったので、
書きだせてすっきり!
ものすごくざっくり言うと、
世界とか街とか人々とかを守るために苦労したあげく、
最後は自分を犠牲にしてもいとわない系の正義属性ついた良い子のお話はダメでw
悩んで考えてふりまわされて、
正解かどうかわからない結論を自分で導く子の話が好きなようです。


ここで悠久のティアブレイドだwww
様々な読み方のできる作りですが、
白イヴが生き始めた物語、とも読める。

夏が暑いことすら記憶できない、無邪気な天然ボンクラ・・・の体で書かれてますが、
あれ、白イヴが過ごしてきたそれまでのン千年は、
どれだけ平穏でも、決して生きてるとは言えなかった、
ということを見事に象徴した、いい一節だと思うんですよね。

そのイヴが真実を知って、
自分は何なんだろう?って考えたところから、
彼女の生が始まる。
その後の考えっぷりはやってみてのお楽しみw

特にアタルヴァルートの含蓄深い苦しみと、
答えが「読んだあなた次第」という作りは大好物です。


そう、このよくわからん雑記を書き始めた最初の理由がw
ティアブレイドへの感想の違いに、人によって何か大きな差があるように思ったから、
という理由があったことは、雑記1で書きましたがw
白イヴは正義とは縁がないw
それどころか、某所で自分の犠牲が必要であるとわかると、
何故なのかと怒るシーンまでw

たぶん私がティアブレイドを好きな理由のひとつは、
この、主人公の描かれ方にも、あると思うのです。
他人(製作サイドw)が設定した正悪ではなく、自分自身の価値で生きようとする。
その考え方や決断には、正解なのか間違っているのか判別できないものもある。
だからこそそこには、同時に並立して物語を進めていく私自身にも、
様々なことを考えさせてくれる「余地」がたくさんあるんですよね。


というわけで、この雑記、次で終わる予定です♪
・・・てかまだ書きたいことがあるのかよっ(^^;www



ちなみに、積ゲは崩れましたが、
薄桜鬼遊戯録Vitaのをやらせてもらってます!
大宴会だけやってますが、これにくっついてるおまけの、
「鑑賞」にある「挿話」が私はとってもお気に入り^^
ちびキャラのみで、千鶴ちゃんは参加しない会話です♪
もう薄桜鬼は、数年前にネタ切れした随想録系のシナリオを延々とこねくりまわすより、
潔くキャラ立ちするこういうシナリオで続けてくだされ~w

banner_nagakura_m.png
banner_saito_m.png


 ※「薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。  
タグ:乙女ゲーム
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ドラマCD!! [悠久のティアブレイド]

待望のこちら!
IMG_20170120_010113.jpg

イヴのバースデー【前日】←(笑)
現代編と過去編、両方ともという、
オムライスとパスタの盛り合わせというか、
ケーキとパフェのセットというかww
とにかく食べたいものがどちらも食べられる!
しかもどちらもおいしい!
おまけに両方のアクセントにイチゴソースがかかってる!!!
………
なんかもう、喩えが酷いwww
でも、聴いた方ならわかって頂けるかと(*/□\*)

とにかく、楽しいです!
ヤジュルが美味しいww
クレイドルが可愛すぎるwww
アイナさんが暴れてるwww

更に更に、ギル様がいい男すぐる(*/□\*)
こういう、ごく自然体なのに、
隠した爪だけは決して誰にも見せない、
でも、いつ、何をすればいいのか、ちゃんと見ていてわかってる、
優しい、(ザンネンな←お?www)、
ほんとにイイ男、
乙女ゲームになかなか見かけないので、
そういう意味でも、このドラマCD一本で、
ありきたりな乙女ゲーム2、3本やるよりずーっと満足できます!

ギル様の魅力抜きにしても、
構成がいいし!
スケールが可笑し…ゲフンでかいし!ww
本編であっちの方向に仰天していったのが、
ここではこっちの方向にいったかー!とw
ほんとに楽しくリピートできます。

中村D、ありがとうございます!o(^o^)o

あとこのCD、円盤そのものがとても綺麗(*/□\*)

IMG_20170120_112617.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

新春乙女ゲーム雑記2 [乙女ゲーム]

帰納法と演繹法、って、どこかで習ったのを覚えていますか?
・・・
ってまためんどくさいこと言いだしましたww
乙女ゲブログなら萌えとか書いとけよって感じですねw
でもよく誤解されるので!

私がごちゃごちゃ考えていることは、原則帰納法です!
玉龍や彼方やウキョウさんが好き、だから私は宮田さんの声が好きなようだ、
という考え方です。
決して、宮田さんが好きなので玉龍や彼方やウキョウさんが好きなわけじゃあないw
先にキャラありき!
いくつもの具体例から共通項導き出して、自分の好みってこうか!と理解していってるだけです。


・・・ていうかまだ書くのかって感じですがw
1で、私は相手が落ちてくるのが好きなのではなく、私自身が落ちる相手が好き、
と書きましたが、落ちてくる描写が好きなキャラもいます。
(以下古いタイトルですがネタバレ含みます)

コトヒラ (カヌチ 黒き翼の章)
ソロ (ワンドオブフォーチュン2)

ビショップ (CZ)
ハルファス (ブラッディコール)

正様 (華ヤカ哉我ガ一族)
夏候惇 (十三支演義)

ざっくりですが、
コトヒラとソロは、自分が相手を好きでいることに気付いてない!w
コトヒラは死んでから気づいたww
ソロにいたっては気付いた瞬間350年程ルルを失いましたw
「自分の気持ちにすら気づかない孤独」が好きです。

ビショップとハルファスは、ともにボス絶対(一応ねw)で、
主人公はボスの目的のための道具。
そんな相手を好きになるとか理性が許さないタイプ。
一度主人公をポイ捨てしてはじめて、その大切さに気付くパターンです。
「いい男の後悔はかっこいい!」ですww

正様と夏候惇は、女性蔑視の上から目線で否定していたくせに落ちていたw
「表面は偉そうなのに惚れた女のための崩れっぷりがすごいところ」がツボw

あくまで私が好きなところだけ抜いてるのでほんとにざっくりですがw
こうやって並べると、じわじわ落ちてくるより、ずーーっとツンで、
突然崩れるのが好きみたいですw
てことは薄桜鬼だと土方さんのはずなんですが、何故か土方さんにはひかれない・・・

ここが肝心なところでw

好きになったキャラに共通のパターンはあるけれど、
そのパターンだから好きになったわけじゃない。

キャラその人が好きになるので、
イラストや声、演技から作り出される性格、言動、
背負っているもの、テーマ・・・全部ひっくるめてのことなんですよね。

だから、顔(イラスト)は嫌いだけど声が好き、とか、
声はあんまりだけどシナリオが好きとか、
そういう好き方はできない。
・・・いや、顔だけは好きとかシナリオはいいのに、ってのはありますがw
それでキャラが好きになることはないようです。

逆に、落ちてこないサブで好きなのがいっぱいいるのも、そのせいなんだなーって思います。


それでは乙女ゲームプレイするとき、
私は主人公をどう扱っているかw

よく、主人公になりきる人と、俯瞰で読んでいくひとといる、とありますが、
どーも私はどっちでもないような・・・

QUたんは、乙女ゲームなんて主人公になりきって読むものだ!と言ってました。
魔フレたんはキャラが落ちてくるのをニヤニヤ眺めるのが好きと言っていたので俯瞰タイプでしょうか。
(ちがったらごめんよw)

どちらの意見もピンとこない私はどーやって読んでいるのか?w
なんとここで、続いてしまうのですwww


おまけ
昨晩やっと・・・やーーっと顕現してくれた物吉くん(*/∇\*)
長かった・・・orz

20170115.png





タグ:乙女ゲーム
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

本丸博、いってきましたよー(^▽^)ノ [刀剣乱舞]

公式さん初のイベントって・・・何があるんだろう?

・・・・

ってことで、行く気なかった刀剣乱舞本丸博ですがw
TLやフォロワーさんの感想読んで、ちょっと行ってみよっかなと(*/∇\*)w

昨晩23時すぎにポチっとなってしたら、
このようなチケットがとれました!

IMG_20170113_162428.jpg


時間指定の入場・・・予想に反してw
まず10時~12時入場の一部枠で予約。
発券してみると私は11時~11時20分の入場指定。
11時に現地に行くとそのまま入場ではなくw
まずだいたいの番号順にD~Fの枠に並ばされ、
そこで前後の方とチケットの番号を見せ合って番号順に整列w
しばらくするときっちり番号順に一列になってA列に出陣(ここまで室外w)
室内に移動してB会場前で待機。

DSC_0902.JPG


だいたい50人~ごとに【入口】から入場する仕組みでした。
・・・
無駄に並ばなくてよいし、展示も常識的な混み具合以下で見られるので良い仕組み!w
東博や都美など爆裂に待機列できるところでも参考にしてもらえればな・・・
ただしスタッフさんの数が大変そうでした(^^;

入場するとまず5人がけくらいの長椅子がいくつも並ぶ小部屋に座って、
3スクリーンのマルチスクリーンのある【歓迎の間】で、
新OP画像や花丸、2.5次元を含む映像を見せてもらって、注意事項を拝聴。
ここで既にOPの美しさに涙ぐむ私(*/∇\*)w
とりあえず一瞬しか映らないのに、村正さんのインパクトが絶大でしたw

すぐに金襖の間へ!
等身大(たぶん!w)の刀剣男子たちの立ち絵が、
伝統的な金箔貼りの日本画(仕様)をバックに並ぶ姿は圧巻そのもの!
言葉より写真で!w
(相変わらず写真ヘタレですみません(^^;)

DSC_0915.JPG



DSC_0904.JPG

DSC_0907.JPG

DSC_0908.JPG

DSC_0912.JPG




そこから三日月の間までの通路もゆかしい作り。
壁がワラスサを漉き込んだ土壁のような風情ある壁紙?になってました!
細かいーー!

DSC_0920.JPG

DSC_0921.JPG


三日月は生ぶの復元を目指されたそうです。

DSC_0924.JPG



次は刀ミュと刀ステ、2.5次元の間。
衣装や小物の展示+映像も流れていて、
お好きな方には垂涎ものかと^^


アニメの間は予想以上に原画や設定が大量に並んでいました。
あの憧れのw縁側の再現も!w
私の偏った興味の写真w
まんばちゃんが布かぶせて持ってたダンシングフラワーが、一番のツボでしたw
あと、EDで散り散りに潜まされていた細川ガラシャの辞世の句が、
ちゃんと並べられてたのが感動。

DSC_0926.JPG

DSC_0929.JPG

DSC_0931.JPG

DSC_0933.JPG

DSC_0939.JPG


DSC_0937.JPG

DSC_0936.JPG

DSC_0940.JPG



グッズの間。
うひょ~!みなさんのツイートで知ってた水着!w
の横に小狐丸ビキニもwww

DSC_0943.JPG

DSC_0945.JPG


等身大三日月さんはほんっっとに綺麗でした(>_<)
あれは欲しい・・・けど、買ったらどこに置くのっwww

DSC_0946.JPG

DSC_0948.JPG



そして最後が、
撮影禁止の二周年祝賀の間。
もうね・・・フォロワーさんのツイートから予想していた以上の素晴らしい空間で・・・

ここに住みたい!!!!!

www
過去に東博の法隆寺宝物館が新装されてスタンディング・ブッダの間wができた時以来の、
ここに住みたい離れたくない事件が起きましたwww


全部思い出せないのが悔やまれますが。。。

サウスポーだったの!?石切丸
闇夜にツンツン髪がリアルだよ鳴狐
あざとすぎるよバックポーズの信濃
戦ってる影が切ないよ!包丁くん
おとがいが色気だ大包平
エロみ全開明石
儚い色気の物吉早くうちに来い
なんつー色気だ蜻蛉切
構図と表情素晴らしい左文字兄弟
背後の方が「やだ!歌仙ママが、♂!」と叫んだので噴き出した歌仙さん
ぞくっと魅力の大倶利伽羅と長谷部くん
そして私がうっかり「んげ!」と変な声出した繊細な鶴!

ちょっと思い出すだけでも書ききれない、
全刀剣男子ほんっっつとに素晴らしい祝画でした。

各絵の上に、顔のアップがトリミングされてパネル展示されていて、
それらもすっっばらしかったです!
本当に価値ある濃密で眼福な時間でした^^

それにしても、絵師さん方にとってはドキドキの展示なのではないでしょうか・・・
決められたキャラで、
統一テーマと指示(おそらく、戦いの全身図、という感じの指定があったのでは?)のもと、
サイズも指定された中で描いて、他絵師さんのそれと並べて展示されるとは・・・
好み以前にやはり、実力が透けて見える気がします。
駄菓子菓子それが気にらないほどに、
どの絵師さんもも、力入れて描かれていると、感じさせてくれる迫力がありました^^



物販はすでにほぼ売り切れ・・・
のわりにはだいぶお布施してきた気も(*/∇\*)www
とにかく幸せで楽しい半日でした^^



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

クレイドルお迎え! [悠久のティアブレイド]

お迎えしてきました!
クレイドルぬいぐるみ♪
・・・と缶バッジセットw

IMG_20170110_221536.jpg

ちっちゃくて、つついても飛ばないクレイドル・・・
そしてこのちっちゃな手に;;

IMG_20170110_221632.jpg


予想通り泣けました・・・


私、クレイドルが白イヴの手を取るあのスチル、あのシーンが、
とても好きで;;
こんなっちゃい手で・・・って思うとこみあげるものが(>_<)

今週のスタッフブログにもあったように、

メカver.エンドをいつか是非!!

・・・っていうか、
(以下一応反転w)

人型クレイドルルートが2つあってかつどちらも短いのは、 メカクレイドルへの愛着をより自覚させるためだと思ったのだけど違うのかーw


そしてクレイドルぬいぐるみ良く見ると・・・
こんなところにフリンジついてたのかー!
リボンはこっち向きに結んであったのかー!

この作品は視覚でも伏線がある、とか言っておきながら、
なんという観察眼のなさっwwww



それにしてもこのこ、
ちっちゃいのでバッグチャームになるな♪って思っていたのですが、
腕がwww忠実に長いのでどうしましょうっwww


m_cradle.jpg





※「悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

新春乙女ゲーム雑記1w [乙女ゲーム]

あけましておめでとうございます(^▽^)ノ

このたび晴れて・・・

晴れて積みゲが消えました!!

新年早々なんて縁起がいいんでしょう!www


てことでちょっと最近思うことがありまして・・・
うざいこと書いてみます!w


まずは私の好きなキャラ。
ネタバレ防止のため名前は伏せますがww

力不足で死なせた女性の転生を待って500年孤独に修行してた龍王の息子

宇宙人作のアンドロイド

二重人格の時空を超えたストーカー

魔法存続の決定権を背負わされたクラゲ系古代種の生き残り

元かかしとか元魔法そのものとか

鬼がふたりいるし

化けて出た死人も複数www

中に破壊神取り込んだのもいれば、物に憑依したのもいてwww


あれ?つまり私って、ごく普通の学園物、現代ものなんかはもちろんのこと、
多少過去に飛ぼうが架空の時代・世界設定だろうが、


普通のひとの話じゃ、ダメっぽい?

www


なんで突然こんなこと書きはじめたかといいますとw
同じ乙女ゲーム好きな希少なお仲間と話していて、
どーーも、お互い見ているものが違うなーとw
感じることが増えたので!
単に好みの差、で済むことかもしれませんが、

せっかくだから考えてみよう

とw



最初に、あれ?と思ったのは、
薄桜鬼の斎藤さん!
薄桜鬼を薦めてくれたQUたんと、
斎藤さんいいよねー(*/∇\*)って話していて・・・どうも食い違う!w

ここ数年話していてとりあえずまとまったのは、

QUたんはあの厳しい斎藤さんが優しくしてくれるシーンが好きな様子。
なので御陵衛士時代に風邪で寝込む千鶴をこっそり看病してるシーンとか、
雪うさぎのシーンが好きだそうです。

対して私は、
最強にして孤高、だからこその不器用な斎藤さんご本人が好きなので、
シーンとしては、
あいにく俺は泣いてる女の慰め方など知らぬ
が最高に好き。
看病や雪うさぎは、なくてもいい程度ですw


そして最近、
悠久のティアブレイドをがガン好きな私に対してw
全然受け入れられない魔フレたんが、
LGSの太公望、
コドリアのヴァン、
ニルアドののぶキャラ(ごめん名前忘れたw)
カラマリのなみーキャラ(同上)
めいこいふるむーんの桃介
という、私にはどこがいいのかまるでわからないキャラが好きで、
推してるのを見ていろいろ考えて・・・

あ?

魔フレたんは落ちてくる男、
または偉そうな男が落ちてくるのが好きでww

私は自分が落ちる、または落とされるのが好き、

という、SとMの越えられない差があるんじゃないか?

とwww
気付いた次第でwww


更にもっと複雑に違いがあるみたいなので、
考えてたことを書いていきたいなと思います^^


もしかしたら、乙女ゲーム製作サイド様にとって、
プレイヤーにはいろんなアプローチがあるってことの証左になるかもしれないなーとw
思いますよ!w


yt_gil02.jpg





nice!(0)  コメント(0)