So-net無料ブログ作成
検索選択
夏空のモノローグ ブログトップ

夏空フルコンプ! [夏空のモノローグ]

夏空フルコンプしました!

感想・・・の前に笑い話をひとつ?w

大阪から、フルコンプ後に、ルート進めてる時には選ばなかった選択肢を選ぶと、
いろいろ泣ける展開が結構あるからおすすめ!と言われました!
これはやってみなければ!

ってことで、泣く気満々で、とりあえずどれでもいいやと、
LRCから!
よりによって!
沢野井式人格矯正術
を選択してしまった私は、
天性の阿呆でしょうかねえwww

いやーwww
部長さん、そのまま世界征服してーw
木野瀬くん、セバスチャンのが似合うやん!w
和彦さんはくたびれた教師より絶対、タラシのバーテンダーのが似合うよねー!
www
・・・ってことで、すっかり爆笑の渦w
泣く気も失せましたw

よく考えたら、大阪が言ってたのはそもそもルート中の選択肢ですよね(^^;


てことで。
おおまかな感想は、これ、時間と孤独だけがテーマなら、
すごい刺さったはずなんですが、
結局、モラトリアムと反抗期、あるいは家族愛までテーマに入ってきちゃったので、
手放しではまれる作品ではありませんでした。

若いお嬢さんたちなら、この作品で背中を押してもらって、前へ進めたりも、
するんだろうなと、そうならばまた、特別に大切な作品になるだろうなと、
そこは十分想像できるうえで、本当に、個人の好みの問題です。
あるいは、もはやモラトリアムのテーマに琴線動かされなくなった年齢のせいかもしれません。

大丈夫!
明日に何も期待しなくなれば、怖くは、ない!←ダメダメじゃんwww


あとは最初から書いてますが、主人公視点かつ、
絵が二の次で文章で読ませるシステム自体、
私には辛かったのです。

それでも個々のテーマに泣きどころいっぱいでw
ちょっと簡単に感想を・・・

【以下ネタバレ】

















本編といい、ツリーピースといい、一番泣いたのは、
やはり部長さんでした!
頭抜けているが故に人とつながれない孤独は、
性格や努力に関係しない、絶対的本質的孤独です。
そこに彼は、ループを知る者、操作すら可能な者として、
つまり、決定権を持った者としての孤独も背負っていたので。

自分で決めることができるという重さは、
普段気付きにくいですが相当なものです。
『自由からの逃走』を持ち出すまでもなくw

部長さんの負ったものは良く理解できたし、
それを彼は最後まで負ったままだったので、切なかったんです。
演出ではなく、その荷を下ろしてやる術を、
たぶん製作サイドも知らなくて、綿森くんとの関係の上で、
そのまま、負わせたままにした、という感じがしました。


木野瀬くんはストレートに泣けました。
ツリーで待ち合わせして事故にあった、というのは偶然でしかないので、
そこを自分のせいにして引っ込むのはちょっとわからなかったのですが、
自分のせいにしたがるお年頃だというのはわかりました。

大好きな人が自分との記憶を一切失う、という絶望のほうは、
非常に切なくて;;
混乱しながらも、同じ葵として愛していく展開は、とっても好きでした^^
こないだも書きましたが、人の本質は記憶ではなく魂だと思いますから!
でも、こいつ、うじうじしすぎwww

ただ、葵との待ち合わせには、絶対に早く来るとか、
他√では、葵を手放す哀しさが散見されて、そこらへんでも泣けますよね。


カガハルくんが
予想外に泣けて困りましたwww
軽いチャラ男でしかも年下設定とか、
まったく眼中になかったのですがw

唯一、前を、明日を、ちゃんと見ていて、
しかも、自分の悩みは自分で解決済、決心済。
その決意と、溢れ出る気持ちとの狭間で、
葵の心をどう守るかだけを考えて、
あのチャラさ、バカさを演じていた、という設定!
一番漢(おとこ)だよ!www

全キャラの中で、唯一、存在感を感じました^^
体温すら感じたよ!!!


あと篠原くんと浅浪先生は、前も書きましたが、
病気と弟が出てきた時点で、私的にNG。
性格設定は好きな方向だったんですがねえ・・・



そして!
他√で不思議な登場をして、透明感のある切なさを感じさせてくれていた、
綿森くん!!!

どーも、大阪も魔フレたんも、夏空大好きというフォロワーさんもw
びみょーにこの人の名前避けててwww
目をそらすーみたいな感じがしていたのが不思議だったんですが、
わ・か・り・ま・し・た!www

くどい!!!!

なんて失礼なwww
以下、まったくの私見です、思うがままにです、お好きな方ごめんなさいね(>_<)
関係様にはご無礼ご寛恕の程を・・・こんな感想もあるということで・・・m(_ _)m。



綿森くんのせいじゃないんですw
これひとえに、説明文だらけなせいですねw

このライターさん、ラノベならまだ読めたんですが、
まさに、ゲームなのにラノベなんですよね・・・
くどくど説明しないと不安な様子。

もっとプレイヤーを信じていいんだぞ!

って、言いたくなるw
百の言葉尽くす説明より、たったひとつの、譲れない言葉のほうが心に伝わるんです。
乙女ゲームでは!w

ゲームはウィルオと緋色(3と4)しかやってませんが、
特に緋色は同じ印象です。
一から十まで説明せんとばかりに言葉ばかり並べたてるんですが、
ちっとも心に響いてこんのですよね・・・。

表現力や言葉の選び方が、
少なくとも私の好きな乙女ゲーム向きではないのかもしれません。

あと、葵やキャラがAだAに違いないとやたら言ってる時は必ずBという、
古典的手法でどん引きさせられる箇所が随所に見られてむしろびっくり。

テーマやプロットはとってもいいのに、残念でなりません。


何より、綿森くんが後ろぎゅう抱きしたまま消えていくシーンとか!!!
消えたはずなのに再会できたシーンとか!!!

絶対私、泣けるはずで、いや、泣くべきシーンだったはずなのに!

そこの台詞すらさっぱり覚えてませんけどヽ(´▽`)ノな惨状w
っていうか、私「好きだったよ」って台詞が大好きで(>_<)
その一言にどんなドラマも込められる、すごい言葉だと思っているんですが、
このシーンで綿森くんが「大好きだったよ」って言うんですよね・・・なのに!
全部を説明し尽くした後に出たので、感慨もへったくれもなかった・・・
はいはい今更、って感じ。

そもそも、他√に出てきた時より綿森くんに全然存在感ないんですもの・・・。
なんでだまったく・・・。



そして、途中でこいでもこいでも先に進まないママチャリを連想するくらい、
ルートが長い長い(--)

葵が前を向く、
ループを終了させ明日がくる、
そうすれば綿森くんはそのままではいられない(消えるなり40代になるなりね)、
ハピエンにするには、それでも再会する(記憶の保持・非保持は不明だけど)、

この展開は当初から予想つくのに、長すぎて辟易しましたw


それでも、BGMがよかったですね!
切なさの演出はBGMが大きかった気がします。
とにかくよく泣いた作品でした^^


あ、あと!
フルコンプスチルのみんなの明日~みたいなやつに、
葵ちゃんいなかった!!!
乙女ゲームなのでそれでもいい気はしますが・・・
このゲーム、葵ちゃん視点だったので、みんなの明日がテーマなら、
彼女が中心にいてもいいくらいじゃないかと思ったんだけど・・・どうなのかw


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

裏と表の趣味が合致する線w [夏空のモノローグ]

すみません、今日は表の趣味と合致させた、
超ヘンテコ記事ですw

夏空のモノローグ!

【以下ちょっとネタバレというか・・・w】










今、4周め、木野瀬くんを始めたのですが、
ループの謎がより深まるじゃないですか。
特異地点発見の話のところ、
最初は何もなくて、次に部長さんが妖しい石像彫ってw
その次には最初から石像ある。

でもって今回はちょい風化していた上に、
部長さんが新しく仏像彫っちゃいました。

この仏像があああああ!

まあ私の表の趣味wは美術鑑賞・仏像鑑賞、なんですがw
一目であの方(仏像)ではないかとですね!
ビビっときたわけですw


natsu_butsu01.jpgnatusu_butsu02.jpg

右側、通称渡岸寺(どうがんじ)の十一面観音像というのですが、
正式には今、滋賀県の向源寺さん管理の十一面観音立像です。
9世紀作、ほぼ等身大の大変美しい像です。
国宝です!

この像、大変特徴ある形をしてまして、
ぱっと見た時の量感といい、
まず間違いなく、モデルはこの像と思われます。

・・・
えと?w
だから何?www
って感じですがw

JR北陸本線高月駅から徒歩15分ほどの小さな堂宇にいらっしゃいますので、
夏空クラスタさんというか、
部長クラスタさんは、機会があればぜひ、訪ねてみては如何でしょうか!

我らの部長さんは、国宝を彫った、とwww






ちなみにこの像、向かって左のある角度から見ると、
とんでもなくハレンチおっと艶っぽく見える位置がありますw
興味おもちの方は遠慮なくツイッターででもお問い合わせくださいw


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

それはダメ連発;; [夏空のモノローグ]

部長-篠原くん-先生とクリアした、夏空のモノローグですが!
個人的に、

それはダメだっ!!!;;;;;;

連発で大変辛いです(>_<)

もちろん切なくて相変わらず泣くんですけどね。

【以下ネタバレ】














病気ネタはダメなんです!!!


もはや人生折り返しとっくに過ぎてると、
記憶障害も病気も目の前の現実でしかなく;;
イタイだけなんですよね・・・

乙女ゲームなんて、現実から離れて夢を見るものじゃないですか。
それが、一番見たくない現実をつきつけられると、
非常にイタイ。

個人的にですよ?w
シニアプレイヤーさん全員とは言いません、ていうか叱られるw


病気ネタで許されるのは、唯一、

グラスハートシンドロームだけ!www




あとね、その二人に関して、主人公が、

ばかすぎる!

ひとこと、ルルちゃん見習え!とwww
いつも、ばかな言動の女主人公見ると思いますwww

たぶん、記憶障害とか縁のないお嬢さんたちには切ない極上の設定で、
弟が死の病、なんてのも、ショタ好きさんには特に萌えるのかもしれませんね。
そういう時、夏空の主人公みたいな反応が、
一番心優しくて素直で、当たり前なのでしょうね。
私、相当ひねくれてんだろうか・・・(*'-')
絶対こんな反応は、せんよ!と思ってしまったwww



なんというか、生きるって、辛いことや耐えがたいことだけが、
静かに、降り積もる現象だと、思いませんか?
・・・思いませんかね(^^;ふつうは(^^;

でも、二度と溶けない絶望の記憶を永久凍土にして、
その下に大切な人や大切なものを閉じ込めて、
一生懸命、上に土をかぶせ花を育て、陽を浴びて、空を見上げて笑う、
そんな風にしてしか、生きていけないと思うのですよ、私は。
私はねw

だから、凍土をつつかれると、足元が崩れるんですよ。

てことで、
これはやっぱり、私には、乙女ゲームではなくて、
小説なんだな・・・。
生きるってことの現実をガーンと突きつけられるから。



ちなみに、3人やって今のところ刺さる人はいませんがw
一番孤独を感じて好きなのは、この人です!
どーん♪
natsu_buchyo160x600.jpg


この人と、やっぱり好きキャラとは別なんですが、
CZの鷹斗の孤独は本物だと思う!
・・・っていうか、私に共感できる孤独はこの二人だけだなw今のところw

あと、好きな孤独は、終夜とか玉龍とかソロとか彼方とか。
語ると長くなるので、ここらで!www


夏空は次、木野瀬くん、カガハルくん、綿森くんの順番でいきまーす。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ベソベソベソ;; [夏空のモノローグ]

世間様が(どこの世間だかw)ノルンに夢中な今日w
夏空のモノローグ、せっせと進めました!

乙女ゲームはキャラが第一。
単なるイケメンという意味ではなく、
ボイスでちゃんと生きてると感じられる、
そのキャラたちが、置かれた状況や世界観で何を想い、
何を内に秘めてどう行動するか、
そこを知るのが醍醐味なのです。
(私にとって!)

と、いうわけで。

ただでさえ、キャラの立ち絵がコミック的で表情変化少ない上に、
文章がキャラ絵の上から全面レイヤーで流れる!
それどころかキャラ絵ナシの背景だけで流れていく!
たまに台詞の付属として顔だけのアイコンが出る!

・・・というこの夏空のシステムは、
私が乙女ゲームに感じる魅力を、

完全否定

しくさるものであります。
地の文も大量なので、

これなら普通に小説でいいいじゃん!
PSPにする必要、ゼロ!


率直な感想はこれに尽きます。


駄菓子菓子!
駄菓子菓子ですよ!(ここから重要w)


もうこれはそういうシステムのものだと、
小説に声がついたものだと早々に観念して読み進めると・・・

泣けました;;
小説的だからこその細かな伏線?で既にベソベソ;;
最初にやった部長エンドで堂々のベソ泣き;;www

私的には趣味を完全否定されてしまった、
あの背景だけの進行、
あれが非常に効いてました。

ああ、キャラそのものではなくて、
とある観念を表現して美しいのだなと、
そういう作品なのだなと感じました。

【以下多少ネタバレ】











最初にやったのが部長さんなのですが、
既にループ途中から寂寥感で泣けてきて;;
最後、あの、めくるめく展開が、
背景に出ていた天の川のきらめきさながらの美しさで、
涙が止まらなくなりました;;

ただし!

私なら、お父さん救うよ!
それで、世界が変わるよ!
それでも、また、出逢うよ・・・
それでも、二人はまた、二人でしか埋められない寂しさを、
生きるよ・・・

そう、もっていくと思ったのです。
理由はひとつ。

ふしぎ遊戯って、もう20年も前の少女漫画がありますが、
あれの二部の敵が、身体、精神、と外側からどんどん攻めてきて、
最後、ヒーロー(主人公の恋の相手)の外見ばかりか、
「記憶」まで奪うんです。
見た目も彼そのもの、二人の愛の記憶までもってるのが、敵。

それでも、外見も名前も違い、主人公と過ごした記憶すら一切持たない、
本当の彼を、主人公は見失うことがなかったんですね。

すごい主題だと思ったわけですよ。
人間の本質は、外見でも記憶でもない、

魂だ

ってことです。

渡瀬悠宇さん、当時まだお若かったはずですよね、
よくそんな主題を描けたなと敬服しきり。
当時1部でずっと親しんできたヒーローが下衆な敵になり、
外見も記憶ももたない新キャラがヒーローになったことで、
なかなか、読者のお嬢さんたちには受け入れられないことも多かったようですが。


まあ、そんなわけでw
過ごした記憶を失う恐怖よりも、
魂のつながりを信じる展開のほうが好きだったと・・・
ていうか、人の子の親になっちゃった今となっては、
生きていてやりたいんですよね・・・その個人的想いもこめて、
お父さん救う展開のほうが好きだったかもしれません。

でも、泣けました。
どちらも選べない大切なもの、
捨てられない長い時間、
出逢ってしまった、欠けたものを埋めあえる存在。

部長さんの場合、寂しさがテーマだった気がするのですが、
二人め、篠原くんを始めた今、彼も寂しさがテーマな気がしています。
この作品に最初から流れる寂寥感はまさに、
様々な形の寂しさに由来するのかな・・・

まだわかりませんけれど、もし寂しさがテーマなら。
そして時間と、記憶にまつわるものであれば。

システムやシナリオ展開がどんなに好みと食い違っていても、
私の琴線に触れること間違いないのです




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

うえ!? [夏空のモノローグ]

黒カヌチ中断して始めた、
夏空のモノローグ

ゲームはなるべく事前情報を入れたくないほうなので、

学園もの、前半ループする、後半全ルート泣ける

という知識しかない状態で、ディスク入れて起動しましたw

それでまだ、そのループどころか、
ツリー?とやらの場所まで行っていないというw
たぶんふつうのプレイヤーさんなら3分くらいですませるあたりまでしか、
やれないで今日はセーブ終了したんですが、

この時点で何この物寂しく切ない雰囲気はっ!!!!

ええっと私は乙女ゲームに関しては戯曲の様にキャラの会話で進むほうが好きで、
地の文や主人公のモノローグは少なければ少ないほうが好きなんです。
攻略キャラの魅力はそのキャラの台詞や表情から、
「私が」感じ取りたい。
「主人公が」〇〇さんは言い方は冷たいけど本当は優しい人なのね、みたいな、
そんな説明は一切不要と思っているわけです。
そんなこと説明されないとわからないようなものは、キャラの魅力ではないし、
主人公(ゲーム側)が説明してしまうと、その言葉だけの魅力でしかなくなりますからね。
・・・もちろん特別な演出とかは別です。

それから、イラストはもう、カズキヨネさん、薄葉カゲローさん、さといさん、といった、
絵だけでキャラの個性や命が強烈に伝わってくる方のものが好きです。
悌太さんやきなみ由望さん花邑まいさんとかね。

というわけで、
夏空は私が好きな絵師さんたちよりはコミック的ですし、
小説みたいに地の文きっちりなので、
開始直後は、大丈夫かなーって思ったのです。

が!

それなのに、すでに好ましい寂寥感。
夏まっただなかの日付けですが、晩夏の寂しさに似ています。

おー^^
これは期待!www

ノルンまでに終わる・・・わけないんですがw
ちょっと頑張ってみます。

とりあえず、ループって何ぞ?(^^;?
(あまりに情報遮断しすぎwww)


顔だけならこの子が好きw

natsu_shinohara160x600.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
夏空のモノローグ ブログトップ