So-net無料ブログ作成
検索選択

いいのかそれで!w裏語薄桜鬼! [裏語]

とりあえず、トゥルーとノーマルは4人ともクリアしました、
裏語薄桜鬼!

いやいやいや、刺さりそうな以蔵からやって、
ura_tizou.jpg

不知火さん求めて高杉やって、
ura_ttaka.jpg

斉藤さんはずせなくて桂やって、
ura_tkatsura.jpg

もうここまで来たならとグラバーやったわけですがw
ura_tglover.jpg


とりあえず言いたいのは・・・

いいのか!?この設定で!?
いいのか!?このラスボスで!?!?

www

あと、とりあえずお話はグラバーさんがいちばん面白かったw
櫻井さんの「おや」のかわいさに爆笑したしwww


ネタバレの前にシステム方面を。
前書いたのと重複しますがw

丸ボタン連打でも、次のボイス出るまでは当該ボイスが流れてくれるのは、
短気な私には有難い^^

オートで送ってる間も丸ボタンでサクサク進むのも良かった!

一方で履歴閲覧はあるのに、シーンバックがないのが残念。
なんでですかねえ・・・。


バトルと探索は、実に簡単極まりなく。
単にメインシナリオの邪魔なだけでした。

探索に関しては、メインで入れられない深い脇道とかが見られるならよかったのですが、
ほぼ簡単なおつかいだったので、これなら興ざめなばかりかなと。

バトルはオートバトルは楽でよかった。
でも、バトル自体ないほうがよいという時点で、つんでるw
そういえば、かばうって一度も見なかったなあ・・・あれれ(^^;w

技のムービーはそれなりに綺麗でしたが、
説明がいちいち出るのと、毎回のムービーがうざい!w
なんか台詞言ってる間はスマホとかPCとかいじってました(^^;w

結局、シナリオ読ませるAVGに、
凝ったシステムは蛇足でしかない、と思います。

ただ、製作サイドがやりこみ要素作りたがってる様子なので、その方向で勝手に案を出すと・・・ 

バトルでは敵が見たくない様相なのも嫌気さすもとなのでw
一定確率で各種イケメンの敵が出現、
既定の数倒すとギャラリーに追加、とか。

探索はまったくおまけコンテンツにして、
たとえば本編でのバトルの数や難易度、あるいばクリア状況等に応じて、
新たなる依頼が追加されていくようにする、とかどうかなと。
ここでのシナリオはあくまで深いもの希望。

まあ、そんな感じにでもしてくれれば、
本編をじっくりやりたいプレイヤーと、
やりこみ要素求めるプレイヤーと、双方の需要のバランスもとれるかな、とね



【以下はネタバレありの簡易感想です】


まず以蔵。
無口で人とのつながりが不器用、というのは刺さる設定のはずでしたが、
最初にしどろもどろの会話しかできないところも刺さるはずでしたがw

結局、普通によくしゃべってましたしね(^^;
殺人鬼になる時に低音鈴くるかと期待してたのも、
殺人鬼自体にならなかったし・・・

というわけで、期待のものは、なかった。

で!
武市さんラスボスにしちゃって(^^;いいんですかーー!?www
イヤなキャラだなとは思っていたんですがw
まさかのラスボス化に噴いたw

あと、Lv上げまったくナシで、依頼やキラキラ取りに行く時邪魔なエンカウント倒しただけ、
というLvで行ったので、ラスボスが意外と薬品いくつか使って手間がかかりましたw

ここまでバトルなしで楽にこれるシステムならば、
ラスボスもこちらのLvによって強さ変わるなり、
低レベルで行ったなら特典つけるなり、何かないと、
RPGに慣れてない方がいろいろ不備なまま直前でセーブしたりすれば、
理論上絶対勝てないとかにならんかなと、心配にw

以蔵終章は・・・あー・・・そうきたか(^^;w
なんかどっかの斎藤さんだよね^^^^^^
ノマはどっかの沖田さんだし^^^^^^


高杉。
ラスボスがグラバーさんで!
技のムービーにおったまげましたとも!w
いいの!?この設定!?w

しかも、労咳については何の救いも提示されてないのね・・・


桂。
ラスボス誰かと思ったら清河出してきてまたしても噴いたw
いいように使ってどうするんだ・・・

こいつだけ、普通に依頼こなしただけではノマエンになってしまった。
セーブから通常バトルで好感度上げまくったものの、
バトル後のお花は4回咲いたのに、情報のところのお花は4っつのまま動かず・・・
諦めてそのまま再度進めてみたら今度はトゥルー出ました。
・・・うーむ・・・多少はバトルもせい、というルートだったのかw


グラバー。
高杉√でラスボスだったので、どんな話になるかと思ったら、
オーソドックスなドラキュラものでw
それだけに、普通に一番面白かったw

ここでのラスボス、まさかのグラバー自身だったりして!と、
高杉やった時はワクワクしてたんですがw
また清河かいな(^^;w
うーん、そこは無難すぎてなんとも・・・ねw


全体的に、兄が羅刹化→灰、という設定は、後味悪いだけで切なさも悲しみも、
全然伝わってこなかったのが遺憾。
ラスボスがころころ変わるのも、設定大丈夫かなと不安になりましたw



何より、まず変若水ありき、羅刹ありきで成り立っているお話で、
薄桜鬼におんぶ抱っこ状態。
にも関わらず、
薄桜鬼の「if」であることを言い訳にして
設定が甘すぎる。


薄桜鬼の変若水と羅刹の設定を使うのなら、
黒幕には新見さんや鋼道さんを関係づけたり、
新「撰」組をおさえる山南さんの苦悩を出してほしかった。

そうではなくて、グラバーあたりを通して、
別途反幕側にも流れていたことを前面に出すのなら、
最初から浅葱の隊服を着た羅刹は、出してほしくなかったなあ・・・。

そもそも、無印薄桜鬼と黎明録であれだけ深い苦悩をもたらした、
緊迫感と絶望感に満ちた、極秘のはずの変若水や羅刹の設定が、

あ~ま~り~に安直に使われていたのが、
どうしても解せないよ!!!

いくらifだろうと!・・・っていうか、
これなら本当に最初からクラスタさんの意見にあったように、
薄桜鬼とは別建てのゲームにしたほうがよかったのにね。



以上が総評w
そうは言いながら、薄桜鬼キャラの登場にキャッキャ胸躍らせw
サクのなんだかかわいいボイスにメロっとなりw
杉田さんの途中では涙ぐみw
鈴のおまけボイスにぐっときてw
けんぬの断髪洋装に実はときめいたりとw

結構楽しかったです^^
共通√既読にすると、個別が異様に短くて楽ちんだったこともあるのでね!www
(本来バトルをさせたかったのだとは思うのですけれど。。。w)


参考までに、1周め以蔵の時はたしか梢ちゃんともどもLv12,3だった気が?
4周した最後は(間に桂さんでちょっとLv上げバトルやった)梢ちゃん33Lvでした。


さて、あと予約特典CD聴いたら、
ポウラスタやらせていただきます(>_<)www



タグ:薄桜鬼 裏語
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

裏語壊滅中ヽ(゜-゜)ノw [裏語]

さて、地味っと進めている裏語ですが・・・総評繰り返しますが、
やはり、バトルと探索は、興がそがれるだけの、余計なシステムですね、
私にとっては。
SSなみの深い話が入れば別でしたがおつかいじゃあね・・・。

あとラスボスをバトルで倒さないとクリアできないのは、
どう考えてもAVGではなくRPG!
せっかく読んできたシナリオが途切れてもったいない。



で、以蔵難なくクリアした後、
不知火さんに会いたい!!!!!
とw
高杉ルートへ。

おおおおおおおおお!
不知火さんが不知火さんだああああ(>▽<)
いやいやいやw

吉田さんのツイッターフォローしてるのでw
全っ然不知火さんっぽくないので!(当たり前w)
おそらくたまにしかなさらない不知火さん、イメージ違っていたらどうしよう的な、
素人の心配してたんですが、
ちゃんと不知火さんでした(>_<)
しかも、高杉を失う前のよりとんがり度の高い不知火さんでした(>_<)

ううう、ひざをついて拝聴させていただきました!
ありがとうございますっっっっっm(_ _)m w


そして、まさかの!
か・ざ・ま!www

素で「かっ、かかか風間さんっ!」って叫びましたよwww


それで高杉クリア後は、もう投げてしまいたかったのですが、
斉藤さんボイスがいいとお聞きし!
大阪からも、我らが斎藤さん聴かないでどうする!とハッパかけられw
桂√へ。


おおおおおおおおおおおおお!
斉藤さんーーーーーーーっっっっっっっ!!!!!
なにゆえ、来たよおおおおお!wwwwwww

きゃっきゃうふふ^^

・・・
・・・
・・・

ってことで、
要するに、薄桜鬼が出てきた時だけ萌えるというね、
土方さんも原田さんも、沖田さんも近藤さんまでw
予想はしてましたが、そういう内容でした。

そういう風に使ってほしくないのに、
結局製作の思惑通り、薄桜鬼キャラでのみ滾る。
う~ん・・・なんともかんとも・・・。



さて、桂√なんですが!
普通にやったらノマエン食らった(・・)

えーーーー!?
マジ!?
バトルで好感度上げ必須なの!?

えー・・・めんどくせー!ぶつぶつぶつ・・・

---
バトルは初心者にも安心な楽ちんシステムですが、
それだけにオンゲのFF11やってる自分にはルーティンでつまらなすぎ(--)
しかも、エンカウント後、キャラのボイスが入るので、
すぐにコマンド入力できなくて、イライライライライライラ!###
---

てことで、その後ぼんやりバトルしてるんですが、
バトル後のお花は4回くらい咲かせたのに、
情報のところのお花は4つっきり動かなくて・・・
そういうもの?
もっとバトルしろって?
それともまさかの、バグ!?
っていうか、依頼抜けたのかなあ(^^;?

もう目的の斎藤さん聴けたからいいし、
めんどくさいので、投げるかも(*'-')www




さて。
高杉ルート、非常に残念なことが。
【以下ネタバレっぽいのでご注意を】




メインシナリオの底辺に、高杉が梢に海を見せるというストーリーが、
大きく印象的に流れていますよね。
無論、ただ見たことない海を見せるというだけでなく、
広い世界を見せてやるという、
単にいちゃこく相手としてではなく、
共に生きて行く真に大切な相手と考えていることの象徴として、
上手く使われています。

駄菓子菓子!

全然途中の探索パートで、
オテントサマ丸一緒に見に行っちゃってますよね!!!

グラバーさんから長崎で購入したことになってるオテントサマ丸、
すなわち丙寅丸を、
いったいどこに見に行ったのかは、まあ、大人の事情で不問にするとしても!

普通、蒸気船は、海にいるよね!

たとえば大河を遡上中とか、難波津あたりの内海だったとしても、
そう書いてない限り、海に浮かんでいる船を見に行った=その時点で海を見せた、
と、ごく普通のプレイヤーは認識するわけで。


メインシナリオと、探索パートシナリオ、別の方が書いた?


とかそれもどうでもいいとして!


こんな根本的な部分で致命的齟齬が出るのであればなおさら、

探索パート必要ないどころか、あってはいけないよね(・・)



クレームばかりで申し訳ない(^^;
ゲームひとつを形にするのがどれほど大変なことかは、
わからないながら想像はできるので、
あまり・・・文句ばかりというのも失礼とは思いつつ・・・

本当に、一プレイヤーの意見でしかなくても、
こんな意見もあるよーって・・・

製作の方にお伝えしたいとまでは恐れ多くて思えませんがw
こんな場所でも吐き出して、百万が一の参考にでもなればなと・・・


編集の仕事していた経験上、
ほめ言葉は毒、
批判こそ糧、と思っているので・・・どうかお許しを;;w


タグ:薄桜鬼 裏語
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

以蔵クリア~ [裏語]

ブログなど拝見していると、
1ルート4時間程度でクリアできると書かれていたりもする裏語ですが、
なんだかわかりませんが13時間もかけてやっと以蔵クリアー^^

ura_izou02.jpg

あれですね。
ノルンクラッシュ後なのでw大変評価が甘くなりましたw
ちゃんと物語になってるから、いっかな的な・・・(*'-')

駄菓子菓子!

薄桜鬼の裏側を描く、を標榜する作品としては、
あまりに薄い。

幕末を舞台にした普通の乙女ゲームにしておけば、
ちょっとハラハラドキドキしながら十分甘い、
システムも新しい佳作になったと思うのですけどねえ・・・。

まず変若水や羅刹ありき、で進むので、
薄桜鬼組にはその向こう側の綿密な世界観を感じられて、
そこそこ納得して進められますが、
このゲームがはじめてだと、どう感じるのか・・・。

あと、薄桜鬼キャラが出てくるとぐっと引き締まる。
これも単に慣れ親しんでいるから、とか、人気があるから、ではなくて、
彼らは生き様までちゃんと描かれていたから。
引き比べて裏語メンバーはストーリーを進んでいるにすぎなくて。

裏語のキャラたちの心中より、
土方さんの苦悩のほうがリアルに実感できちゃいましたけどどうしたら(^^;w


それでも、以蔵の変化を描いてよい感じですし、
結末も、なるほどこうくっつけたかとw
成功しているかどうかはわかりませんし、
好みもあるでしょうけれど、納得はできる流れと結末でした。


結論として、総じて、薄い!w

設定も世界観も、キャラの色付けも薄いですし、
一番は、イラストが薄い(--)
みんな同じ顔に、髪とかヒゲで区別しただけみたいな。
キャストさんつかなかったら見分けられませんでした。



懸念していた各システムですが。
探索パートは、×ボタン押していると移動スピードがあがるので、
そこはノンストレスでしたが、
広いマップのわりには、こなす依頼が極端に少なかった。

いや、難しい依頼でストーリーがぶった切られるのはもちろん歓迎するはずありませんが、
この程度のちょろい使い走ならば、
こんなシステム必要なんじゃないか?
もっと効果的に使うなら別ですが・・・。



戦闘パートはまず、敵のもやもやが、こっち追ってくるから!w
あれどうにかして(^^;w
キラキラさわりに行きたいのに、
手前のもやもやうまく交わそうとしても、もにょーんて引き返して追ってくるw

バトルシステムは簡単で適度に楽しめましたが、
闘わないでも進めるのでちゃっちゃ進んでたら、
いきなしラスボスでっ(^^;
全体攻撃一撃でHP半減したりとかでw
ちょっとびひりましたw

アイテムもよくわからないので拾ったり報酬でもらったもののみしか持参してなくて・・・
(直前にお店は出てましたけど、何が必要かわからなくてスルーしたw)


技発動時の演出は動きも綺麗でしたが、
そもそもの絵が好みでないため残念・・・

そして今ちょっと公式見てたら、オートバトルもできたのね(^^;
気づきませんでしたwww



さて、最後にびっくりしたことを。

共通5話の後、個別が1~7章まであるのですが、

5章がとんでもなく短かった。
6,7章ははっきり言ってボスバトルのみで話は何もなかった!
(気がするくらいバトル中心だったw)

というわけで、クリア後の感想としては、
AVGではなく、RPGやった感じですかねw

以蔵個人についてはまた後日!


あー、そうそう。
これも梢ちゃんに声ついてますし(バトルパートのみ)、
キービジュアル中嶋さんだし、
そもそもがアニメ絵だし(動かしても違和感出ない)、

やっぱり、アニメ化見越してるんでしょうかねえ・・・?



タグ:薄桜鬼 裏語
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

裏語、はじめました(^▽^)ノ [裏語]

ノルンクラッシュで落ちた心のままw

裏語 薄桜鬼
ura_izou.jpg

始めましたー^^

薄桜鬼、がブランド扱いされてるいのがどうにも気になっていたこの作品ですが、
開始早々、

ほっとしました!

や。
もう、
設定がきちんとしてるだけで、ほっとするね・・・
ノルンクラッシュ、ここに来ていい方向かもね・・・
クラッシュ前だったら、いろいろケチつけたかもだものね・・・
ごもごもごも

と、ともかく!
薄桜鬼というごっつい頑丈な世界観に、
幕末という設定が、

私には

しっとりとはまるので、
非常に安心してプレイ開始できました。

これ、「私には」ってところがミソで・・・
いきなし、簡単ですが幕末の情勢の説明文がタララっと並ぶのは、
ノルンみたいに、ラブっと夢の世界がお好きな方とかには、
逆に受け入れられないかもなーとか、
羅刹の設定知らないでプレイしたらどう感じるのかな~とか、
そこらへんは心配しつつ。

とりあえず、公式さんの設定通りの悲劇が開始するわけですが、
ここらへんも、心配していたような説明的なものではなくて、
ちゃんと梢の気持ちも、寒い季節の京の情景も伝わってきて、
私は好きでした。

ま、いきなり大物がイケメンで優しく接してくる、ってのは、
本来私はアレなんですが、まあ、クラッシュに比べたら~の甘い判定がががw



まだ、3話なんですが。
・・・
ていうかwww
体感開始5分くらいで3話になっててちょっとびっくりですがw

システムで、会話の途中で〇ボタン押しても、
次のボイス開始までは、当該ボイスが流れ続けてくれる、
このシステム、超うれしいです♪♪♪

ボタンガシガシ押してて、キャストさんの演技聞きのがして、
慌てて履歴バックで聴きなおしてまた戻る、
ってことをよくやるのでw
聴きながら先に進めるのはとーーーってもありがたいです♪♪♪


さ!
それでやっぱり、下馬評通り?w
以蔵がかわいい^^
立ち絵、キッとした目になるのがいいな~w

駄菓子菓子!

梢ちゃんが以蔵「くん」と呼ぶらしいのが・・・
男性をくんづけは、年下だろうが何だろうが、
そういう立ち位置であるってことになってしまうので、
かなりマイナスです。

どうなるかなーw



あと、探索パートで、街の中にキャラの大首絵が出てるんですがw

これが生首めいてて怖いいいいいいwww

動かす梢のちびキャラより、でかい首絵で、
それもアイコンにしてくれてればまだしも、

ちびキャラと一緒で、ちゃんと道に影が表示されているから!!!

なんかものすごっく生首でwww
こ・わ・いw


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム